toggle
2017-08-09

休日のこと – 札幌国際芸術祭2017 モエレ沼公園 –

こんにちは、モズナ(妻)です。
いよいよ始まりましたね、札幌国際芸術祭2017
休日の昨日、さっそく私たちはモエレ沼公園へ行ってきました。


遠くからも見えるガラスのピラミッドの中に巨大な黄色いべろんとした何か。
なんだ、あれー!ですよね。ワクワク。

モエレ沼公園
1階には大友良英+青山泰知+伊藤隆之さんたちによる百台以上もの中古のレコードプレーヤーを使用した作品《without records》が展示されておりました。
先ほどの黄色い巨大なべろんとした何か、は松井紫朗さんのバルーン状の彫刻作品でした。3階から1階までのびてます。はやくみてみたいー!てなりますよね。

2階以上は芸術祭のチケットが必要なので1階だけ観ている人もいたようですが芸術祭のパスポートは一般2200円(市民道民1800円)なので会期中、モエレ沼公園に遊びに行くのであればパスポート買って展示も一緒に観るというのがおすすめです。(他にもたくさんの会場に行けますしね)(前売の金額を記載していたので文章訂正しました2017/8/10)詳しいチケットについてはこちら→http://siaf.jp/passport-ticket

ええと、展示を楽しみにしていて自分で観に行くまではどんな展示なのか知りたくない!という方はこちらで失礼します。そんなに詳しく載せるわけではないのですが一応書いておきます。

 

こちらが黄色い中です。

モエレ沼公園
わーー!って感じですよね。

モエレ沼公園
おおーー。ってなります。

モエレ沼公園
子供たちは大はしゃぎでした。もちろんですが大人も楽しかったです。
たくさん走ってたくさん写真撮りました。

この他にも、伊藤隆介さんによるジオラマの映像作品なども展示されています。ゆっくり観たかったのですが暗い所が苦手な3歳児がいたのでささっとしか観れませんでした・・・。行かれた方はわかると思いますが、「たぬきこわいー!!!」って叫んでました。笑(かわいいたぬきなんですよ)
パスポートがあるとモエレ沼公園は会期中何度でも入場できるのでまた来たいなと思いました。

そしてモエレ山にはたくさんの自転車がずらりと。

モエレ沼公園
これまた有り得ない景色がおもしろかったです。
別にここを登らなくてもよかったのですが、なぜか登りましたよね。
階段もあるんですよ。あるんですけど自転車観ながら登りましたよね。

モエレ沼公園
上からの景色。
途中3歳児を担ぎながら登りきったときのやったぞ感は気分がよかったです。
足はすごい痛かったですが。帰りはもちろん階段にしました。
展示してある自転車はすべて捨てられた自転車だそうです。中にはまだ乗れそうなかっこいい自転車もあって、
「いいなーあの自転車、おれほしい」と自分の自転車が壊れて通勤に私のミニベロ乗っている夫はつぶやいてました。

次はどの会場を観に行こうかな。楽しみです。

それと、前回のブログでさんざん楽しみだと言っていた八月祭なのですが、前々日くらいから次女が熱を出してしまい今年は無理だなとあきらめていたのですが「少しの間だったら行ってきていいよ」という天の声(実母)により2日目の最後の盆踊りだけ参加してきました。(ちょうど熱も下がってきていたので・・・)
子供は熱を出してほしくない時に限って熱を出すとどこかで聞いたことがありますが初めてこういうことかと実感しました。しかし、小さい体で高熱が続くと見ていて辛くなりますね。ただ熱が下がるのを祈るばかり、2日ほどははっきりとした原因も分からず余計に心配になりました。長女はほとんど高熱を出したことがなかったので親である私自身も免疫がないというかオロオロする感じでしたが結局はただの風邪で3日目には熱も下がりそのまま回復する形にあるのでよかったです。

この写真は行けないと思っていたので、夫に頼んで撮ってきてもらったのぼり旗の写真です。

八月祭
ありましたよ、ありました。

八月祭
わーい。
布もかわいい。

八月祭
会場も大きな風呂敷に包まれてかわいいです。
手作りの、人の手が加わって作られた会場はあたたかみがあっていいですよね。
来年(もあるのかな)は家族全員で参加できたらいいな。
盆踊りはとても盛り上がっていて、年々人が増えているように思いました。

八月祭
夜の雰囲気もよいです。

それではまた。

関連記事
qqqqq